満3歳児クラス「たんぽぽぐみ」

社会のスタートに立つ子どもたちを、“保護者と一緒に”見つめたい

   光明幼稚園では、満3歳児保育について他の学年と比べて独特の生活リズムで保育を行っています。「満3歳児の保育が年少クラスの小さい版」にならないようにするにはどうすれば良いのかの視点で検討を重ねてきました。

   満3歳前後の時期は子育てにとって、最初に親が子育ての大変さを感じる時期だと言われています。それまで、赤ちゃんは命のすべてを親に預けて生活してきます。それはそれで大変なのですが、2歳後半から“自己主張”が強くなってきます。親と違う自分を主張するため、かつてはこの時期を“反抗期”と呼ばれていた時期もあったのです。

   光明幼稚園では、この時期を、“週3回の登園”、“保育時間を短くする”、といった保育の形態でスタートすることにしました。子どもは初めて出会う“学校”としての幼稚園生活を、“行かされている”という感触でなく、自分で“行きたい”と思える環境設定が一番大切だと考えたからです。少しでも早い段階から親と分離して“預かる”ということを目的としないで、まだまだ保護者の方にいっぱい甘えたい子どもたちが、少しずつ社会に対して世界を切り開いていく様を、無理のないように支えたい。その思いを込めて、試行錯誤しながら進めているのが、光明幼稚園満3歳児クラス「たんぽぽぐみ」です。

午前9時~9時半

おはよう
おうちの人といっしょに登園し、お部屋の前で「いってきまーす!」
先生やお友だちと何して遊ぼうかな~

たのしいね
おままごとや積み木、プラレールなど、お部屋にあるおもちゃで遊んだり、お兄さんやお姉さんもいる広い園庭で遊ぼう!!

午前11時15分ごろ

がんばったよ
楽しかった時間もあっという間。
みんなで集まってお歌を歌ったり、絵本を読んだりもするよ!

午前11時45分ごろ

さようなら
おうちの人にお迎えにきてもらいます。
「続きは今度ね!」「またあそぼうね」
先生たちとさようならをします。

12時~12時15分ごろ

おうちの人とちょっとだけ園庭で遊べるよ!